ほのかで暖かな明かりの電飾スタンド看板なら!蛍光灯のものを選ぼう!

ほのかで暖かな明かりの電飾スタンド看板なら!蛍光灯のものを選ぼう!

最近は電飾スタンド看板にも様々なタイプが出てきています。内部の照明がLEDタイプのもの、点滅球が矢印型に付いていて見た目にかなり派手なもの、和風タイプのもの、多くの電飾スタンド看板が存在します。

しかし、昔も今も常に最も多く使用されているのが内部照明が蛍光灯の電飾スタンド看板です。


蛍光灯タイプのメリット・デメリットとは?

蛍光灯タイプのメリット・デメリット

そんな、電飾スタンド看板の王様ともいえる、蛍光灯タイプですが、その一番のメリットといえばやはり、「種類が豊富、かつ安い」という点でしょう。

昔から一番多く選ばれている、ということはそれだけ多く作られている、ということです。メーカーも、売れるからどんどん作ります。

だから様々な種類や形状が登場してきて、それらが売れることによってまた大量に作られ、コストが下がることにより金額も下がる。

そういった流れが蛍光灯タイプの市場では起こっており、新たに購入を検討する方としてはとても有り難い状況になっています。

その為、その多くの種類の中には、きっとあなたのお店にピッタリな電飾スタンド看板があるはずです。

そして、デザイン面でも今の時代に合ったスタイリッシュなタイプなども出ていますが、逆に昭和を彷彿とさせるようなレトロな雰囲気を出して、今だからこそ新鮮に見える、そんな電飾スタンド看板にすることもできるのが蛍光灯タイプです。

一方デメリットとしては、やはり蛍光灯なので、一定時間使用しているとランプ切れになり、交換する必要があります。

交換するのものは一般の蛍光灯なのですぐに用意できるものですが、交換作業は多少道具が必要であったり、カバーを外す作業が必要だったりと、どうしても交換に多少の手間はかかります。

しかし、作業自体は決して難しいことはありませんので、慣れてしまえばそんなに手間ではないかもしれません。


おすすめの蛍光灯タイプのご紹介

おすすめの蛍光灯タイプ

だんだんと、蛍光灯タイプの電飾スタンド看板に興味がわいてきて頂けましたでしょうか?

ここからは、そんなメリットいっぱいの蛍光灯タイプの中からおすすめをいくつかご紹介していきたいと思います。

まずは「スタンドサインADO-900Nシリーズ(ADO-940N-W-B)」です。一般的な電飾スタンド看板は広告面を印刷して製作しますが、こちらはポスター入れ替えタイプなので、期間限定メニューやイベント時、季節毎に内容を替えることができます。定期的なイベントを計画しているような場合にはぜひおすすめです。

また「樹脂サインスタンド 面板セット」は大型タイプにも関わらず、樹脂でできていますので見た目より軽く移動も楽にできます。さらに広告面は高衝撃性を持ったアクリル板なので、通常のアクリル板に比べて壊れにくくできています。

次は「鏡まるくん152型スタンド 面板セット」です。こちらは本体フレームがステンレスでできていますので、高級で落ち着いた雰囲気を出したい場合、宝飾店や料亭、金融機関等などには合うのではないでしょうか。

角丸アルミ唐草スタンド〈ヨコ型〉 面板セット」は小型の電飾スタンド看板ですので、設置が難しい場所にも設置できる場合が多く、また軽量で持ち運びが簡単なので、頻繁に看板を移動する場合などもおすすめです。


オプトサイン RSS-79 (FL40W×2灯)

そして「オプトサイン RSS-79 (FL40W×2灯) 50Hz」は再度フレームがR型アルミ押し形材を使っており、その為に表示面を効率よく光らせることができたり、一体型トップキャップを使用しているのですっきりとした印象になり、全体的にカーブしたそのデザインで光が隅々まで行き渡ります。雰囲気を大事にしたい、とお考えの場合はぜひ検討してみて頂きたいです。

と、このように少し紹介しただけでも様々な形状やタイプがあり、さすがの蛍光灯タイプといったところです。またそれぞれの形状も、他のタイプに比べると蛍光灯タイプは安くなっていますので、やはり購入する場合にはかなり重要な「価格」の面でも蛍光灯タイプはとても優れています。

安くて、種類が豊富な蛍光灯タイプの電飾スタンド看板を手に入れたのであれば、ぜひサインモールを探して、ご自身のお店にとっての最高の電飾スタンド看板を見つけ出してください。

サインモール 電飾看板の通販ならサインモール 蛍光灯やLEDを使用した屋外用電飾スタンド看板です。飲食店などの店舗にオススメ。一般的な蛍光灯タイプからLED仕様、矢印付など種類豊富にご用意しております。

PAGE TOP