電飾看板のデザインに迷ったら?テーマカラーを決めてデザインしよう

電飾看板のデザインに迷ったら?テーマカラーを決めてデザインしよう

電飾看板のデザインを製作する際に迷ってしまうのが色ではないでしょうか?

看板に表現したい文言はある程度決まっていてもそれを表現するデザイン、特に配色は無限にあります。看板に文字を入れてみたラフイメージや手書きイメージはすぐに決まってもいざその原稿を元にデザインを起こそうとするとつまづいてしまうのが「色決め」ですね。

看板に限らずフルカラーのデザインデータを作成する際にメインカラーを最初に決めておくとその後のデザインを迷わず製作できるものです。メインになるカラーが決まっていないと様々なカラーバリエーションのデザインを製作して、と作業にかかる時間が長くなるだけでなく、迷ってしまう原因にもなります。

そこで今回は街中に溢れる電飾看板を代表的な業種ごとに選別してどのような色が使われているのかをご紹介。合わせて色には「意味」や「印象」がありますので色が与えるイメージを電飾看板のデザイン例と合わせてご紹介いたします。

デザイン制作のメインカラーを決める際の参考になれば幸いです。


代表的な色とデザイン例・使用ロケーション例のご紹介

赤色

赤色

赤色が与えるイメージ例

愛、情熱、憎しみ、嫉妬、やる気、興奮、闘争、安売り、暖かい、活気、祭り、熱い

デザイン例:居酒屋

赤色のデザイン例

祭りのような活気、刺激的で興奮感や高揚感をあおるイメージがあります。また、刺身や生肉をはじめ、赤は食べ物にもよくある色で食欲を掻き立てるイメージがあります。なので居酒屋や焼肉店、安売りというイメージではファーストフード店などでも赤をメインカラーに使われている店舗が多く見受けられます。


橙色(オレンジ色)

橙色(オレンジ色)

橙色が与えるイメージ例

幸福、暖かい、活発、健康、野外、明るい、陽気、美味しい、楽しい

デザイン例:歯医者

橙色のデザイン例

温かみのあるオレンジ色が与える幸福や健康、陽気な明るいイメージは、来店される患者さんの気持ちを明るくするという意味合いで薬局や歯医者など病院関係で好まれる色でもあります。また接骨院・整体・マッサージ店などでもお客様を温かく出迎える意味でオレンジ色の看板を使われている店舗も多くあります。


黄色

黄色

黄色が与えるイメージ例

眩しい、明るい、刺激的、すっぱい、危険、注意、快活、希望、幼稚、栄光

デザイン例:古本屋

黄色のデザイン例

黄色の持つ明るく眩しい印象や危険や注意を促す効果からアイキャッチにも優れた色味なので業種を問わず使われています。店頭を明るく元気な印象にするのに最適です。


緑色

緑色

緑色が与えるイメージ例

平和、安全、安心、新鮮、爽やか、自然、休息、平静

デザイン例:接骨院

緑色のデザイン例

癒しの色であるグリーンは接骨院や整体・マッサージ店やカフェや本屋で多く使用されています。お客様に癒しや安心感などのイメージを与える業種やサービスの店舗で緑色が選ばれています。


青色

青色

青色が与えるイメージ例

静か、冷静、沈着、冷淡、落ち着き、爽やか、冷たい、知的、まじめ、広大、孤独

デザイン例:学習塾

青色のデザイン例

青といえば、紳士服のイメージも強いですが、スポーツ洋品店なども爽やかなイメージでよくマッチします。それ以上の青い色の看板が多いのが学習塾ではないでしょうか。青が与える、知的・まじめなイメージや冷静・沈着・静かなどのイメージが学習塾のイメージとよくマッチするので学習塾では定番のカラーになっています。


紫色

紫色

紫色が与えるイメージ例

神秘的、不安、嫉妬、罪、妖艶、高貴

紫色はスナックやバー、クラブなど一部の業種に限られる傾向があります。


いかがですか?

皆様が色に対してイメージする印象と似ていましたでしょうか?

色に対する感じ方は人それぞれ違うかと思います。現に上記イメージ例にも相反する両端のイメージが含まれています。例えば、赤色は、愛と嫉妬、情熱と憎しみとか、黄色は刺激的と幼稚、明るいと危険、紫色の高貴と不安など同じ色でもネガティブに捉えるかポジティブに捉えるかは人それぞれということですね。

看板のデザインを作成する上では、ネガティブな印象を囚われることなく色が持つポジティブな面をメインカラーに据えてデザインを決めていかれるのがよいかと思います。

参考文献

著者 岩井 ますみ 赤は本当に目立つのか?、エクスナレッジ

PAGE TOP